ともにはぐくむ家づくり
<< 朝市に来てものづくり | main | sama-sama 家づくりセミナー >>
「環境共生型住宅」
先日、備前市の『環境共生型住宅』のコンペに応募いたしましたが、残念ながら落選。
結果は、津山市の建築家の岸本泰三さんに決定。
彼の建築は、隙がないほど美しく完成されているので、くやしいけれど納得。

まあ、結果は結果として、この『環境共生型住宅』の内容の話をいたします。

これは、家から排出されるCo2を削減しつつ、建設、居住、建替えのライフサイクル
を通じて環境負荷が少なく、なおかつ、快適な暮らしを実現しよう。
という21世紀型のエコハウスです。

太陽光発電や太陽熱温水器、ペレット利用のボイラー、地熱換気システム
高度処理型の合併浄化槽でトイレや庭の水まき等の中水利用。バイオ式生ゴミコンポスト。
建物に使われる材木は、岡山県産材。
地域で育った木材を利用する事は、運搬時のCo2の排出が削減されると共に、
地域社会が循環していく事にもつながります。
そして「自立循環型住宅」の手法を取り入れることで、快適さと省エネを同時に満たす住宅としていきます。

このエコハウス建築でポイントとなるのが「地域性」と「省エネ性」

岡山県は晴れの国といわれるほどで
無尽蔵にふりそそぐ太陽からの恵みを使わない手はありません

太陽光発電は補助金も復活して、注目の設備です。
(残念ながら岡山県の補助金は、予算枠が完了してしまいました)
とはいえ、太陽光発電はまだまだ高価な設備です。
普及→低価格化が期待されますが
できれば低価格化を先行して進めてほしいものです。

同じく、太陽を利用した太陽熱温水器。
とてもシンプルな構造で、価格も適度。パッシブな設備として是非採用したいものです。

ペレットボイラー、ペレットストーブ
灯油の高騰で注目されてきました。
「ペレット」は木くずや間伐材などを利用してつくられます
木を燃やすとCo2を出しますが、木は成長の過程でCo2を吸収しています。なので、Co2の排出量はプラスマイナスゼロと見なされます(カーボンニュートラル)。こうした木質ペレット燃料をエネルギーとして利用することで森林保全と温暖化防止に大きく貢献することになります。
薪ストーブや暖炉は、煙突のメンテナンスが大変だったり、薪の調達が困難だったりしますが、それに比べてペレットストーブは管理が楽な上、炎が見えるので、温かさと雰囲気を同時に満たしてくれます。

地熱利用については
メリットはありますが、私としては空気質のこと、シロアリの被害を防ぐ家の構造
という観点から、積極的に採用したいとは思っていません。
熱の利用という点からは、太陽からの日射をうまく取り入れることと
取り入れた熱を効率よく蓄熱できる建物構造。
この考え方がもっともパッシブな方法だと思っています。

中水利用は、高度処理型浄化槽まではなかなか採用できませんが
雨水を庭の水まきに利用するくらいは、標準で考えておきたいものです。

バイオ式生ゴミコンポストは
小型のものや、自作のコンポストなどはお手軽ですので
ゴミを減らしつつ、家庭菜園などの肥料づくりに、どこのお宅でもすぐに採用してみてほしいものです。
22:49 / 環境 / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.a-tama.jp/trackback/989488
TRACKBACK