ともにはぐくむ家づくり
<< 風水と建築医学 | main | 温熱環境を解く >>
屋根は家のてっぺんにあるのにどうして屋(建物)の根と書くの?
住まいネット新聞「びお」の設計のみつくろいのコーナーで
「屋根」についてのコメントを掲載していただきました。

この「設計のみつくろい」のコーナーは、
家づくりに関する、色々なテーマについて建築家たちが知恵を出し合うコーナーです。
ハウスメーカーの家づくりでは、ちょっとお目にかかれない楽しいアイディアが掲載されていますので、どうぞご覧になってみてください。

「びお」は
住まいと健康・家族と育児、食のこと、木や草花のことについて
なるほどそうか!の楽しい知恵や、あまり知らされていない本当のことなどを伝えてくれます。

今回の特集は「小さな家と二世帯住宅」

おばあちゃんっ子だった私としては、おじいちゃんやおばあちゃんが一緒に住む家は
とってもたのしく、豊かに暮らせる家でした。
子供の立場からはそうでしたが、両親の立場からはどうだったのか。。。
なかなか、デリケートな部分もあります。

子供が育つ環境は、なるべく多世代と触れ合う機会に恵まれる方がいろいろな面で豊かだと思います。

二世帯住宅を考える場合は、不安な気持ちを押し込めるのではなく
楽しく、豊かにすごせる家づくりにしていくために、しっかりと考えて行きたいものです。
案外、設計の工夫で解決できることだってあると思いますよ。

誰にも言えない悩みなど、内緒で話せる相手でいられるように、家族に寄り添って、大切に考えていくパートナーでありたいと思っています。
10:38 / 家づくり / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.a-tama.jp/trackback/735473
TRACKBACK