ともにはぐくむ家づくり
<< 明日はくらしき朝市『三斎市』 | main | 住宅完成見学会のご案内 >>
Forward to 1985 energy life

未来のために
私たちにできること。

住まいと暮らしのあり方に知恵を絞り
エネルギー消費 1/2
電力消費 1/2  を目指そう!

およそ1985年の電力消費量になれば
ほぼ原子力発電に頼らない社会になります。
楽しく、前向きに1985年に進もう!

Forward to 1985 energy life 

「Forward to 1985 energy life」 MOVEMENT
  
について

これは、「原子力発電のことだけ」を意識したものではありません。
住宅での省エネルギーを図ることによって、エネルギーに関わる様々な
問題を軽減、解決しようとすることを目的としています。

目指すのは、エネルギー消費量も電力消費量も半分になる暮らしです。
新しく家を建てるなら、太陽や風の力を最大限活用できる家にしましょう。
いまの家でも、暮らし方の工夫ができます。
そうすれば、快適に、そんなに我慢しなくても、
エネルギー消費 1/2 電力消費 1/2
の目標に近づくことができるはずです。
みんなでその知恵を集めましょう。


「Forward to 1985 energy life」 MOVEMENT 
                                        野池政宏

以下、この運動の発起人である、野池政宏氏によるメッセージから抜粋したものです。

1985 年を見つけるまで
 福島原発事故から半月が経過した頃、「どうなれば原子力発電がなくなるのだろう?」と考えました。原子力発電がなくなるに越したことはないので、まずはシンプルにこう考えたわけです。
 すると「およそいまの年間電力消費量の30%減」と「およそいまのピーク電力の20%減」、住宅のエネルギー消費量を1/2に向かわせる」をすればよいということが簡単にわかりました。
 次に、「およそいまの電力消費量の30%減」「およそいまのピーク電力の20%減」となっていたのはいつの頃だろうと思って、電力消費量に関する情報を探していくと、それに当てはまるのが「1985 年」であることがわかりました。

「戻すもの」と「戻さないもの」を考えた
 でも、ここで「すべてを1985 年に戻す」というのは間違いです。そもそも私は「戻る」という考え方が好きではありませんし、何かが部分的に戻ることはあっても、すべてが戻るなんてことはあり得ません。なので、ここで私は「戻すものを限定して考えてみよう。戻してはいけないものをしっかり考えよう」と思いました。
“戻すもの”としてまず考えたのが「住宅(家庭)のエネルギー消費量や電力消費量」です。
 次に“戻してはいけないもの”としたのが「産業部門のエネルギー消費量や電力消費量」です。これから何とかして日本の経済状況の悪化を食い止めなければなりません。それにはやはり産業にがんばってもらわないといけないわけで、このように考えた次第です。

なぜ住宅部門(家庭部門)の電力消費量を1/2にすると考えたか?
 自立循環型住宅というものが「いまある技術を使ってということを謳っていたからです。
実際、地域や立地に恵まれれば、太陽光発電を設置しなくてもエネルギー消費量を1/2にすることが可能であることを自立循環型住宅は示してくれています。つまり「1/2」というのが実現可能であることを私は知っていたわけです。


野池氏は、
住まいと環境社の代表を務め
自立循環型住宅研究会、暮らし向上リフォーム研究会を主宰し、
省エネでエコでありながら、健康に住まえる家の在り方を
建築関係者とともに、研究し、その手法を情報発信しておられる方です。
最近では、
「省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル」(エクスナレッジ)
を出版し、パッシブな家づくりの講習会を開催しています。

私は、健康で快適な生活を送るための家づくりを模索する中で
2004年野池氏と出会い
「省エネ×快適となる住まい」を模索、研究する活動に賛同し今日に至ります。

今回の原発の問題に対して、
「Forward to 1985 energy life」 MOVEMENT 
という活動を起こされることに、共感、賛同し、応援するとともに
多くの方に、これからの私たちの活動を伝えていくことで、
未来に希望の持てる社会を、みんなで築いていきたいと思っています。

22:26 / - / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.a-tama.jp/trackback/1165653
TRACKBACK