ともにはぐくむ家づくり
<< 鉄骨の棟上 | main | 秋のおとづれ >>
定例会議
今日は週に一度の定例会議

図面に現した建物を現実の建物にしていくには
現場での施工者との打合せはとても大切です。
現場の状況を確認したり、前もって打合せしたりすることを「工事監理」と言います。

建築士法第2条第6項
「工事監理」とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、
 それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいう。

と法律で定められているのです。

私は、設計のことを「生む」
監理のことを「育てる」って言うんですけどね

法律に定められていなくても、かわいい我が子のような建物です。
生み出した我が子を、大切に育てる気持ちで現場に臨みます。

とはいえ、実際に造ってくれるのは現場の方たち
この子を大切につくり上げてね!
よろしくおねがいします。

今回の施工チームは、とってもいいメンバーが揃ってくれたおかげで
順調に工事が進められています。

ありがたいです。

ということで、現場の打合せの様子をパシャリ

定例会議
22:46 / Nクリニック / comments(0) / trackbacks(0)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.a-tama.jp/trackback/1136788
TRACKBACK