ともにはぐくむ家づくり
<< おやおや | main | おつかれさまでした >>
家の中に炎を
子供のころ、初めてコンロのガスに点火できたときのこと、
思い出しちゃった
なんだか大人の仲間入りをしたような感覚に包まれた記憶

人間は、火をつかうことによって、他の動物と違う発展をしたんですよね

暖を取り、闇夜に明かりを灯し、獣達から身を守り、食を豊かにした 「炎」
それを囲むとき、きっと人は豊かに、安心してなごやかな時を過ごしたんでしょうね

薪ストーブやペレットストーブ
ゆらめく炎に、自然とこころがほっと和む感じにつつまれるのは
私たちのDNAに太古の記憶が深く刻まれているからかなと思ったりします。

でも、最近家の中から炎がなくなってきていますよね。
それにつれて火への畏敬の念も薄れてきているのでしょうか

10歳の子供の放火
「物が燃えるところが見たかった」
彼の心は計り知れないけれど
燃え散ったものは大きすぎたけれど

なにか、閉じ込められた人の心のようなものを感じてしまう。


00:25 / - / comments(3) / trackbacks(0)
COMMENT
ゴーゴーと強風の吹く愛媛大洲の
夜を迎えています。
そちらの天候は如何でしょうか?
私の町の臥龍(がりゅう)山荘
肱川流域随一の景勝地、臥龍淵を望む約3000坪の山荘です。
(大洲市HP) http://www.city.ozu.ehime.jp/outer/ss/nagameru_asobu_01.html
河内寅次郎が造らせた臥龍院や不老庵など意匠を凝らした名建築に、
自然を生かした借景庭園が見事に調和しています。
機会がありましたら、ぜひいらして下さい。
愛媛の農家中心のブログ、お時間あればのぞいてみて下さい。
http://koushin.i-yoblog.com/
こうしん / 2009/11/11 10:16 PM
こうしんさん

明日からまた寒くなるようですね。
先日の冷え込みで、岡山平野も木樹がきれいに色づいています。

「臥龍山荘」
美しいですね〜
愛媛には知り合いもいるので、きっといつか行けることと思います。

いちごの美味しいちゃんの見つけ方参考にしてみますね♪
tama / 2009/11/12 10:42 PM
こんばんは!!
ブログも見て頂き有難うございます。

今夜の大洲はまたゴーゴーの風と
夕方からの雨が降り続いています。

ぜひお時間調整されて
一級河川肱川の川下り
「鵜飼観光」
<船に乗って鵜があゆを採る様を見ながら
飲食する遊び> へもいらして下さい。

こうしん / 2009/11/13 10:28 PM









Trackback URL
http://blog.a-tama.jp/trackback/1036119
TRACKBACK